Loading...
  校訓・校章・制服等

校訓・校章・制服等

啓明(校名)の由来

「啓明」とは、明けの明星(金星)のことである。夜のとばりが残り、万象がはっきりとしない朝方に、天空に輝く星であり、旅する者の「道しるべ」でもある。また、古来より「光をもたらす者」を意味し、「真理」や、「悟り」への起点として認知されている。

このことから、未知なる領域について知りたいという「知的冒険心」を抱いた若者に、学問を通して、社会や人々の「道しるべ」となるような人材になってほしいという、高邁(こうまい)な願いが込められている。また、1日の始まりである清新な夜明けを迎えた時のように、生徒自らが時代の流れを感じとり、「18歳の自立」を目指す、希望に満ちている学びの場を意味している。

校歌

作詞・作曲 田中重信 一番 久遠の理想に波打って千波湖南の高台に自治剛健の鐘が鳴る聳ゆる水戸の啓明高 二番 偕楽の風吹き薫る行手遥けき高楼は縁をたどる幾歳の友垣にみつ吾が母校 三番 常磐の森を仰ぎつつ希望の泉湧き出づる高き理想を貫かむ輝く水戸の啓明高

校訓・校章

誠実 勤勉 協和 努力
校章・スクールアイデンティティー
校章の由来
昔「晋の車胤(しゃいん)が蛍を集めて書を読み、孫康(そんこう)が雪を積んでその明かりで書を読んだ」という「蛍雪の功」に根拠を求めて、困苦欠乏に堪え、苦労をものともしない強靱な精神力をもって学業活動に務める生徒を育成することを目指し、雪の結晶の一つをイラスト化したものである。

制服

学生らしい、落ち着いた
デザインの制服です。

制服・ポロシャツ