仙湖祭

仙湖祭

仙湖祭の様子

仙湖祭

仙湖祭は、KEIMEIの文化祭です。名称の由来は、水戸藩第9代藩主の徳川斉昭と深くかかわっている。斉昭公は律詩『水戸八景』の中で、雪の暮れ方に、偕楽園からの千波湖の眺望を「仙湖暮雪」と絶賛した。この当時の水戸藩士は「水戸っぽ」と呼ばれ,自分の信念に基づいて,頑固なまでに命までも懸け,大事に臨んだ。この気概を現代に継承して,新しい時代の「水戸っぽ」を目指そうと,「仙湖祭」は28年前から隔年で実施されている。

生徒会が中心となり、各クラス、クラブ活動が発表・展示などで1年間の成果を披露します。模擬店やバザーも人気が高く、学校周辺の住民の皆様や、他校の生徒との交流を広げる機会となっています。

仙湖祭の新着情報