水戸短期大学附属高等学校同窓会会則

第一章 総則

第1条
この会は、水戸短期大学附属高等学校同窓会とする。
第2条
この会は、本部を水戸短期大学附属高等学校(以下[母校]と称する)内に置き必要に応じ、支部を設けることができる。
第3条
この会は、次の資格を有するもので組織する。
1.水戸第一商業高等学校卒業者 第18条 この会に支部を置く。
2.水戸短期大学附属高等学校卒業者

第二章 目的及び事業

第4条
この会は、会員相互の親睦を図り、母校の発展に寄与することを以って目的とする。
第5条
この会は、前条の目的達成のために、次の事業を行う。
1.同窓会(会員)名簿の発刊
2.会報(誌)の発刊
3.母校行事への協力または参加
4.その他この会が必要と認めた事業

第三章 事務局

第6条
この会の事務局を母校に置き、会計、名簿整理作成、その他一切の事務を処理する。
事務局規定は別に定める。

第四章 総会

第7条
この会の総会は、毎年7月に開き、会則、その他の会規にもとずき重要な事項を審議する。
但し、緊急を要する場合は幹事会の決議を以って代えることができる。この場合は、次の総会で 報告しなければならない。
第8条
総会の議長・副議長は、会長が指名する。
第9条
総会の議事については、議事録を作り、議長及び出席会員2名がこれを署名捺印してこの会に保存する。

第五章 役員及び幹事会

第10条
この会に次の役員を置く。
1.会長  1名  2.副会長  5名以内
3.幹事  卒業年度毎若干名  4.監事  3名
第11条
この会の役員の選任は、総会前の役員会で選考会を兼ねて行い、総会での承認を得る。
役員の任期は2年とする。但し、重任を妨げない。
第12条
会長は、この会を代表し会務を総理する。副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代理する。
第13条
監事は、この会の予算執行の状況及び決算を監査して、幹事(役員)会並びに総会に報告をしなければならない。
第14条
幹事会は幹事を以って組織し、会長が招集する。
幹事会は予算・決算・会長の諮問事項及び会則その他会規所定の諸般の事項並びに付議することを相当と認めた事項を審議する。
第15条
幹事は互選をもって幹事長1名を選任する。
幹事長は幹事会の議長となる。

次のページへ